| Home | Profile | My Blog | お問合せ | 

お問合せ

メールからお問合せ
電話にてお問合せ

HOME > 認定取得コース >パールストリング

  パールストリング認定講座

高級ジュエリーに用いるプロの技法 クラフトからジュエリーの世界へ

「ストリング」とは古くからあるビーズに紐や糸を通すネックレス制作の技法です。レッスンでは「ノット」作りを始め、高級ジュエリーに用いる数々なプロの技法をご紹介。クラフトからジュエリーへの世界が広がる認定講座です。

 

NEW YORK STRINGER パールストリング技能認定証

講座を修了し、作品審査を受けると一般財団法人日本生涯学習協議会(JLL)または一般財団法人生涯学習開発財団が発行する「NEW YORK STRINGER パールストリング技能認定証」が取得でき、認定インストラクターとして活動することができます。

講座カリキュラム

オゥル(Awl)とは「目打ち」、ノットは「結び目」の意味です。パールとパールの間に作るノットはネックレスの関節の役割をし、自然なしなやかさのある仕上がりになります。糸が切れた際の飛散や、パール同士が擦れて痛むことを防止し、パールのジュエリーには古くよりノットが欠かせませんでした。ノット作りは日本では熟練しなければなかなか上手くいかない手で結ぶ方法が一般的です。専用のオゥルを使ってノットを作る”NEW YORK STRINGER"の技術は、完全なノットを手早く作ることができるプロのテクニックです。

認定課題作品

パールストリング課程(Lesson1〜3)

貝が年月をかけて育んだ、人魚の涙、月の雫などともたとえられる清楚で気品ある美しさを持つパールのネックレスは、女性にとって欠かせないジュエリーです。フォーマルはもとより、最近は色や形が様々なタイプが使われた作品も多く、ドレッシーにもカジュアルにもファッションシーンにあわせて楽しまれています。

このレッスンでは、湖や川などで育まれた多彩で形のバリエーションが豊富な淡水パールを用い、表情豊かな作品を制作します。

パールストリング認定(Lesson4〜6)

写真:楽習フォーラムより引用

この認定講座では、パールストリング課程(Lesson1〜3)とパールストリング認定(Lesson4〜6)がございます。
パールストリング課程-->パールストリング認定の順に受講いただきます。

●受講料(税込)

・レッスン料 1レッスン2時間30分 3,000円
※個々のペースにてレッスンを対応しております。全認定課題作品を習得するまでに、ペースの早い方で4回程度、標準で5回程度の目安となります。

・教材費 パールストリング課程(Lesson1〜3)22,600円、パールストリング認定(Lesson4〜6)23,000円

※教材費には、パール、針糸フレンチワイヤーセットなど各3課題の制作に必要なパーツが全て含まれています。

※ストリング専用オゥル(ノット用、解き用、各1本)と教科書が別途必要となります。

※工具類は含まれておりません。

●お支払いについて

レッスン毎に使用する教材とレッスン料をあわせた、都度お支払いいただく分割と、初回にて必要となる教材代を一括してお支払いいただき、レッスン料のみ都度のお支払いいただく方法とご都合にあわせてお選びいただけます。

●認定料

21,000円(税込)

※一般財団法人生涯学習開発財団の認定を受ける方は、一般社団法人楽習フォーラム推進協議会への入会が必要となります。入会金3,240円(税込)、年会費3,240円。ただし入会初年度は、入会月から3月31日までの年会費は免除となります。一般財団法人日本生涯学習協議会(JLL)の認定を受ける方は認定料の他の会費等は必要ありません。

レッスンについて

わが教室では、レッスン日程を生徒さんのご都合と適宜調整しながら進めていきます。個々のペースの進行になりますので、お休みしてもレッスンが進んでしまう心配はありません。無駄なくご受講いただけます。

※レッスン予約に関する教室のキャンセルポリシーは、教室に参加の皆様へ別途ご案内いたします。

●日程 ※以下の時間帯より予約制となります。

・平日 午前の部 10:00〜12:30 午後の部 13:30〜16:00 夜の部 18:30〜21:00(夜は水曜・木曜のみ)

・土曜 午前の部 10:00〜12:30 午後の部 13:30〜16:00

・日曜 午前の部 10:00〜12:30 午後の部 13:30〜16:00

●開催場所

ビーズパフェ(名古屋市東区)※詳細は、お申込くださった方へご連絡いたします。

地下鉄「砂田橋」より徒歩4分、駐車場はコインパーキングが近くにございます。(1日500円の場所もあり。ご案内いたします。)